ビジネス資金の調達方法はたくさんある!そのポイントを押さえておきましょう

>

クラウドファンディングの活用

このコラムをシェアする

今流行のクラウドファンディング

最近、テレビや雑誌、新聞などでも目にする機会の増えている『クラウドファンディング』という言葉。
起業を考えている皆さんの中にも、「この方法で資金を調達しよう」と考えている方は少なくないかもしれません。

クラウドファンディングの募集ができるサイトも数が多く、利用方法や手数料など、その詳細は様々です。
利用の際には、複数のサイトを比較したり、それぞれのサイトの注意事項、手数料、どんな流れで募集が行われるのかなどをよく確認しましょう。

また、一口に『クラウドファンディング』といっても、実は『寄付型』や『融資型』など、それぞれ特徴の違うクラウドファンディングがいろいろとあります。

テレビや雑誌などで取り上げられている情報だけでは、なかなかこれらの違いまではわからないかと思いますので、あなたがやりたいと思う事業内容にあった方法をよく調べてみましょう。

失敗のリスクも忘れずに

テレビや新聞のニュースでは、どうしても成功例ばかりが取り上げられてしまいますが、クラウドファンディングにも当然失敗はあり得ます。

せっかく募集を行ったのに、目標としていた金額に届かなかった…という例も他人事ではないのです。

また、利用するサイトのシステムや募集方法にもよりますが、場合によっては、集まったお金が目標金額に満たなかった場合、そのプロジェクト自体がなかったことになってしまい、募集をしたあなた自身のもとにお金がまったく入ってこない可能性もあります。

逆に、目標金額に届かなくても、集まったお金は募集者のもとに入る、というシステムの場合もあります。

これからクラウドファンディングを利用することを考えている方は、自分が利用しようとしているのがどんなシステムなのか、十分に把握した上で利用するようにしましょう。