ビジネス資金の調達方法はたくさんある!そのポイントを押さえておきましょう

>

銀行などからの借り入れを利用する

このコラムをシェアする

銀行からの借り入れ

起業のための資金としてまとまった金額を借り入れたい、という場合、やはり思いつくのは、銀行などから融資を受けることでしょう。

ただ、これから事業を開始しようとする方が融資を受けようと申し込みをしても、なかなか銀行からは融資をしてもらえない、というケースもあるようです。
すでに事業を開始してから時間が経ち、相応の実績がある会社とは異なり、これから起業する方の場合、まだ目に見える実績は何もありません。

そのため、銀行側も融資を断ってしまうことが少なくないのだとか。

「じゃあ、どうしたらいいの?」
と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、他にも方法はあります。

例えば、日本政策金融公庫がおこなっている、創業支援制度。
こちらは、これから事業を始める方の支援に特化しているため、審査にも通りやすいと言われています。

こういった、起業に特化した支援を上手に活用してみてください。

助成金や補助金なども活用を

他にも、起業者向けの助成金や補助金なども多く存在します。
山梨県の『ワイン特区』など、対象が特定の業種、特定の地域に限られるものの、通常と異なる支援が受けられる制度もあります。

あなたの考えている事業で受けられる補助金などはないか、よく調べてみるのも良いでしょう。

なお、補助金や助成金なども、誰もがすぐに利用できるとは限りません。
場合によっては審査などがあったり、利用を断られてしまったりすることも十分に考えられます。

起業をすること自体、ある程度のリスクを抱えざるを得ないことではありますが、その「リスクを理解した上で自分の責任で行動する」というプロセスは、資金調達のときからもう始まっているといっても過言ではないのです。